団体紹介

社会に起こる様々な危険から守り、悲しみを笑顔に変える仕事

皆様が誰でも一度は経験する『遺品整理』、高齢化に伴い、『遺品整理』の需要は、昨今、急激に高まっています。
また、循環型社会化への取り組みから、“遺品のリユース”が広まったことで、遺品整理でも、『遺品の買取』のご依頼が、著しく増加傾向にあります。

一方で、遺品整理の中での“遺品の買取”におけるトラブルが多発し、社会の中で弱い立場にある、高齢者のご遺族や、女性からのトラブル・被害が多くなっているのが現状です。
正しい価値評価を行わずに買い取ったり、無断で持ち出し、転売するなどの行為が、マスコミでも、広く取り上げられ、それらの行為は、遺品を大切に使ってきた故人様や、その想いを汲み、遺品整理をご依頼したご遺族様、両者の気持ちを踏みにじる行為ともいえます。

高齢者や女性など、社会で弱い立場にある方を『守りたい!』・『支えたい!』という気持ち、超高齢化社会の中で『誰かの役に立ちたい!』という気持ちをもって、社会正義のため、『遺品査定士』として、ご活躍ください!

理事長 一般社団法人 エイトサポート総合研究所 理事長

協会理念

私たちが生きるこの時代に、私たちは何をできるか
私たちは何を生きた証として残せるか、私たちは毎日それを問いつづけたい

事業目的

私たちは、地域社会に根ざした活動を推進するため、ご遺族に寄り添い、守るため、遺品査定士認定講座を通じて、ご遺族の心の回復に努めること、社会正義の活動を推進することを目的としています。

社会貢献活動

弊協会は、高齢者の自立を支援し、自分らしく暮らせる安全・安心かつ活力ある社会を創りだす活動に賛同しています。
今、わたしたちが出来ることを一歩ずつ進めていくことが肝要との認識で、地域における高齢者のサロン作り活動をはじめ、東日本大震災の被災地を対象とした『東北被災地不法投棄撲滅ひまわり基金』を創設し、不法投棄の撲滅や不法投棄されたゴミ処理の費用として寄付活動を行っております。

NPO法人J.POSH様(日本乳がんピンクリボン運動)より感謝状を頂きました

2014年1月18日、27社の遺品整理業者様にご参加頂き、開催致しました「遺品整理技術向上健全化推進委員会」の参加費全額を、お母さんが乳がんにより、闘病生活を余儀なくされている、また、亡くなってしまった子ども達の教育支援運動を行う「J.POSH奨学金 まなび」へ寄付し、感謝状を頂きました。


弊協会では、今後も引き続き、「どんな子どもも平等に安心して学べる社会づくり」の実現のため、積極的に「NPO法人J.POSH様(日本乳がんピンクリボン運動)」に賛同し、取り組んでいくとともに、『遺品査定士』が社会正義のため、悩まれている方の手助けとなる活動にご尽力頂けるよう、日々取り組んで参りたく存じます。

  
団体名一般社団法人 遺品整理士認定協会
顧問岩田 満 (元北海道警察警視)
冨岡 俊介(冨岡公治法律事務所 弁護士)
会長井上 忠宏(孤立死とその家族問題を考える会 会長)
理事長木村 榮治( 一般社団法人エイトサポート総合研究所 理事長)
副理事長小根 英人( 遺品整理不正防止情報センター センター長 )
会計顧問小平 康夫( 税理士 )
所在地〒066-0009
北海道千歳市柏台南1-3-1 千歳アルカディア・プラザ 4F
TEL0123-42-0528
FAX0123-42-0557

What's New